2016y10m29d_080525105

先日、当サイトの読者の方から体験談を
直接メールで頂きましたのでご紹介させて頂きます。

ここから
↓↓↓

~肌の悩みトラブルを解決するための格闘の日々~

はじめまして。K子と申します。
大阪府に住む30代の主婦です。

正直、肌の状態はあまりよくない方です。
もともと敏感肌で、けっこう赤ら顔に悩む私でした。

化粧品が合わないと感じる事がおおく、
このままではダメだと考え、
ずっと解決策を探す日々を過ごしてきました。

とりあえず、友達が良いと進めてくれたSKⅡ
なるものを購入してみました。

2016y10m23d_111101641

有名ブランドだし、
CMでもよく見かけますし。

ただお値段が・・・高かったです。
私的には・・・。
(その分期待感はありました)

購入にあたって、まずはどんなものか
いろいろと調べていました。

なにやら、SKⅡは水ではなくて、
ピテラと呼ばれる
「ガラクトミセス培養液」というものが
基本成分となっているのだそうです。

CMや口コミでよく聞くピテラ。
この培養液が肌にいいとのこと。

皮膚の細胞を培養してくれる成分に感動です。

まあ、よくよく調べてみると、
ガラクトミセス(ピテラ)というものは
糸状菌を牛乳で培養した液体を、
きれいに濾過したものらしい。

牛乳を濾過してあるのだから、
基本は水だよね・・・って思いました。

発酵段階でアミノ酸や単糖類、
アルコール類に分解されるのだとか。

このアルコール成分がやや気になりました。

しかし、友達がSKⅡはいいよと進めてくれたので、
一度ためしてみることに。

最初に使用して思った感想。

匂いがきつい・・・。
好きな匂いじゃないです~~~~。
なんでこんな匂いなのだ?

でも、
香料とか肌に悪い成分が
入っていない証拠なのかもしれない。

調べてみると、
ピテラがたんぱく質を分解するにあたって
アンモニアなどを生み出してしまうからのようです。

アンモニアってアルカリ性ですよね。
敏感肌の私でも大丈夫かな・・・
ってちょっと心配になりました。

ぺたぺたとコットンで使用してみました。
やや肌がひりひりとします。
刺激が強いのかな?

でも、確かに
もっちりとした感触はすぐに味わえました。

友達いわく、このSKⅡには
ピーリング効果もあるらしい。
肌の角質を柔らかくしてくれるのだそうです。

確かに友達の肌はつるつるの卵肌。

私も継続して続けてみることに。

三日目あたりでしょうか。
赤ら顔がひどくなってしまいました。
敏感肌だからでしょうか。

ひりひりとした刺激が
私にはダメだったのでしょうね。

しかし、解毒作用があるのかもしれないと思い、
頑張って継続してみることに。

ですが、一向に良くなる気配がない。

ちょっとひりひりと痛むので、
使用を断念しちゃいました。

肌が強い人や、角質が気になる人。
そういった方にはSKⅡは
すごくいい化粧水なのかもしれません。

でも、残念ながら、
私の肌には適合しないようでした。

値段もけっこう高かったのに、悲しいです。
肌に合う、合わない・・・
こればかりは仕方がないなと諦めました。。

SKⅡで出費をしてしまったので、
次は値段の安い化粧水を探してみることに。

毎日使うことを考えると、やっぱり
無添加で刺激のない良いやつが欲しいと思いました。

口コミをみて、無印良品の敏感肌シリーズを購入。
う・・・ん。

お値段はいいけれど、
しっくりときませんでした。

ただ、ひりひりはマシになりました。
可もなく不可もなくです。

でも、基本的な肌トラブルは
改善はされなかったです。

ネットで調べていくうちに、
なつみさんのこのサイトを発見!

紹介されていたウルウが気になり
購入してみることにしました。

けっこうお値段的には安い方なので、
正直、あまり期待過度な期待はせずに
購入してみました。(笑)

でも、特殊浸透水という言葉に惹かれて購入。

結果。
使用して2週間ですが、大満足でした。

ピリピリしてしまって、
化粧もあまりできなかった顔が
今までで、一番まともになったのです。

付け心地は、
正直いって今一つわかりませんが、
でも少し続けてみると、
なんとなく肌の変化がわかるようになりました。

無印よりはいい値段だけど、
こっちのほうが私には良かったです。
効果は断然上ですね!

これからの季節は乾燥が気になるので、
肌の保湿や保護成分の効果を考えると、
かなり期待ができそうです。

やっと自分にあった化粧水を見つけた!
って思いました。
しばらくウルウを使用してみようと思います!

↑↑↑
ここまで。

赤ら顔、敏感肌の方には専用の化粧水がお勧め

本当にお肌のコンデションは
実際の所、個人差が大きく
「これが正解」
とは言い切れないですけれど。

製品自体がとても良いもの
とても高価なもの、人気のあるもの
ということと、
ご自身の肌に合うかどうか?
コンディションを改善できるかどうか?
ということはまた別なのです。

敏感肌でお悩みの方、赤ら顔でお悩みの方は
少しでも低刺激で無添加のものがいいと
私自身は思っています。

私もSK2の成分を調べてみました。

・サッカロミコプシス培養液(ピテラ™)
・BG(保湿剤・溶剤・粘度低下剤)
・ペンチレングリコール(溶剤・殺菌剤・感触改良剤)
・水
・安息香酸Na (防腐剤・香料)
・メチルパラベン (防腐剤)
・ソルビン酸 (防腐剤)

の以上です。

SK2の場合、
ピテラと呼ばれる培養液を主成分としていて
これが他社にまねできない特許成分なんですね。
ピテラは牛乳から作られているそうです。

他社の化粧水と比較するとSK2は
かなりシンプルな方ですが、
やはり防腐剤は配合されています。
あと使用時の感触をよくする成分も使われています。

口から入れるものと違って
肌から入ったものなかなか排出されずに
ずっと肌にとどまります。

赤ら顔、敏感肌で悩まれている方は
毎日使う化粧水は
特に気を付けて選ぶ必要があります。

実際のところ
K子さんのヒリヒリと
化粧水に含まれる防腐剤は
関係ないかもしれません。
(ほとんどの化粧水には防腐剤入ってますから・・・)

ピテラが合わなかっただけかもしれません。

どちらにせよ、
お肌に合わないと感じたときは
無理せず、直ぐに使用を休止してくださいね。

私も経験がありますが
合わないものを使い続けると
「慣れる」ということはなく
「悪化する」一方でしたから。

ちなみにウルウの成分は

・水(特殊浸透水)
・スクワラン
・トレハロース
・セラミド2
・セラミド6Ⅱ
・セラミド3
・セラミド5
・セラミド1
・ヒアルロン酸Na
・タンブリッサトリコフィラ葉エキス
・ホホバ種子油
・ノバラ油
・ダイズステロール
・水添レシチン

防腐剤や感触改良剤などは
一切使われていません。

深刻な肌トラブルには、やはり安心して使える
赤ら顔、敏感肌専用の化粧水を選ぶことが
大事だと思います。

ウルウの詳細はこちらからご確認頂けます。
↓↓↓




【オススメ記事】

特集コラム~ウルウシェイクモイストミルク開発者の山根加奈代さん特別取材~ウルウの魅力、山根さんご自身の想いを伺いました♪

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクを使った感想と評価


※この記事はSK2を批判する意図は全くありません。