キャリーオーバー化粧品

無添加化粧品を買うときに、
「○○不使用」ってよく見ませんか?

入っていないと書かれてあると、
なんとなく安心しちゃいますよね。

わざわざアピールしているのだもの。
「それ」はあまり肌によろしくない成分なんだな。
そして、
「それ」が入っていないんだな、
って思いますよね。

でも、実際に含まれていないとされていても、
含まれている可能性があるのです。

それが、キャリーオーバーと呼ばれるもの。

キャリーオーバーとは??

簡単に説明すると、製造する以前の段階で、
含まれてしまっている成分が
そのまま残ってしまっている事です。

例えば、せんべいを例にとってあげてみましょう。

原料として使う醤油には保存料が入っている

せんべいを作る段階では保存料を入れていない。

保存料なしのせんべい

となります。
保存料はあくまで醤油を保存するためのもので、
せんべいを保存するために使用されたわけではないからです。

化粧品でも同じような仕組みとなっています。
原料の素となる植物に与えられた農薬。
原料を精製する段階で含まれてしまう薬品。

実際に商品を作る際に使用されていなければ
原材料に微量に含まれている成分は
表示をしなくても良い
とされています。

細かなところまで成分を調べていくには、
手間かかります。

全てを排除して作るにも、コストがかかります。

もちろん、すべてをクリアした完全無添加化粧品
を販売している会社もあります。

ですが、無添加としながらも、
添加物が含まれている化粧を
販売しているメーカーがあるのも事実です。

合法的に認められたキャリーオーバー。

無添加とされていても、無添加ではない理由が
このキャリーオーバー化粧品の仕組みなのですね。

微量だから大丈夫?? そんなことはありません

化粧品の原料は1つではありません。
数多くの原料を組み合わせて作られています。

たとえ原料に微量の添加物や薬品がふくまれていても、
それが積み重なると、それなりの量となってしまいます。

パラベンは保存料としてよく目にするかと思いますが、
環境ホルモンや発がん性物質を含むと言われています。

防腐剤、殺菌作用のある成分は、
肌に元からある正常な菌まで退治してしまいます。

2000種類以上出回っている合成界面活性剤は、
たんぱく質変性作用が強い為に
皮膚バリアを破壊する恐れがあります。

薬品や添加物が悪いというわけではありません。
日常的に使用して、何ともない人も多くいます。

使用してみて、何ともない。
=安心安全・自分に合っているというわけではありません。

たとえ使用段階で何も影響がなくても、
ずっと使用していくとなると、
積み重なっていく怖さを考えてしまいますよね。

【お勧め記事】
日本で唯一、
「完全無添加化粧水」はウルウだけ
山根加奈代さん(ウルウ開発者)特別取材~ウルウの魅力、山根さんご自身の想いを伺いました♪