自分が赤ら顔(毛細血管拡張症)と意識し始めたのは、 中学生のマラソン大会の時でした。 一生懸命走って息も絶え絶えゴールした時、 私を含め、クラスのみんな顔が赤く上気していました。 ところが、次の授業が始まるあたりになると・・・