自分ひとりで悩まない! 肌トラブルからの改善~Kさん(20代・女性・青森県)

135PV

投稿~赤ら顔克服法~みんなの体験談

赤ら顔

私は小学生のころから「赤ら顔」に悩まされていました。


運動部に所属していたため、
汗をかくことがあるとより赤くなってしまってました。

子どものころはそれが可愛いと言われていたので
安心していました。

ですが、中学生になっても高校生になっても治らず、
むしろ肌質はどんどんと悪くなっています。

「どうしてみんなはあんなに肌がきれいなんだろう」

「汗をかいても顔が赤くならないのはなんでなんだろう」

思春期の頃から悩み始めることが増えて、
知識もないまま安いファンデーションでかくして
学校に行くようになりました。

もちろん、今考えると
それも肌を悪化させる原因の一つだったと思います。


中学生や高校生向けの雑誌には
それほど細かい肌のケア情報がありませんでした。

100均の化粧水や化粧品を使うことも多く、
またクレンジングに関しても
知識がなかったためどんどん肌は悪くなる一方でした。



そして赤ら顔の特徴でもあるニキビの増加。

お酒を飲むようになってからは
缶チューハイ1本飲み終わる前にはすでに顔は真っ赤。

酔っぱらって可愛いというよりは
周りに本気で心配されるほどの赤ら顔でした。

顔だけでなく首や腕まで真っ赤だったので
それ以来お酒は飲んでいません。

現在は大学生ですが、
いまだに悩むことが多いです。

アドバイスとしては、
私の場合はケアのしすぎ、
そして自分に合うケアを固定することだと思いました。

肌に良いと言われるものはすぐ試しては失敗して
無駄遣いの嵐でした。

皮膚科やエステでは自分の肌の調子を見てくれたり、
肌に優しい薬や化粧水・化粧品を勧めてくれます。

悩んでいるからと言って
自分ひとりでいろいろな方法を探すのはお金の無駄です!

また、高い化粧水だから良いというわけでもありませんでした。

必ず、自分の肌質に合ったものが見つかります。

いまはまだ完全に治ってはいませんが、

昔に比べたら全然変わりました。

皮膚科に行くと食事のアドバイスなどもしてくれるので、
まずは専門の人にみてもらうのが一番だと思います。


【お勧め記事】

日本で唯一の「本当の無添加化粧水」ウルウ
コスパも良くて、ダメージ肌へのスキンケアに最適です。
↓↓↓
山根加奈代さん(ウルウ開発者)特別取材~ウルウの魅力、山根さんご自身の想いを伺いました♪

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ