肌トラブルと向き合うことができた方法とは ~Tさん(30代・女性・大阪府)

409PV

投稿~赤ら顔克服法~みんなの体験談

23歳ぐらいから花粉症(杉花粉)を発症しました。

もともとアレルギー体質だったと思うのですが、
40歳になる頃までは、
これといった肌トラブルはありませんでした。


しかし、40代に差しかかった辺りから、
化粧品を変えると肌トラブルをおこすように。

夏になると汗、紫外線などの刺激により、
特に瞼や鼻の周り、顎、髪の生え際に
痒みや赤みが出てしまいます。

それまで使えていた化粧水や洗顔料、ファンデーションも
全く使えなくなる状態になることが度々ありました。

秋から冬場の気温の低い時期でも、
湿度が低くなることや、
エアコンの温風による乾燥から乾燥肌になってしまいます。

バリア機能が低下することによって、
顔が赤くなって痒みが出てしまう…
という悪循環に陥ってしまうことが悩みでした。

顔が赤くなってしまうと
外出する時も隠そうとしてしまいます。

クリームファンデーションを塗りたくなるのですが、
そうすると余計に肌に刺激になってしまいます。

よけいに治りにくくなるので、
その時は肌にとても優しい
敏感肌用のパウダーファンデーションだけを使うようにしています。

そうすることによって、
クリームファンデーションのように毛穴や肌に密着しにくく、
肌が息をすることができます。

化粧落としも、
オリーブ石鹸を泡立てたものだけで落とせるので、
肌にも負担がありません。

洗顔後につける化粧水は、
色々な敏感肌用のものを試しました。

ですが、なかなか肌に合うものが見つからず困ったことも。

唯一自分の敏感肌にピッタリ合ったものが、
アルージェローションⅡでした。

防腐剤や界面活性剤、香料など
肌に刺激になるものは使用せず、
ナノ粒子化した天然のセラミドを使っているので、
肌を優しく保湿してくれます。



日頃から心、身体、肌にストレスがないよう
生活全般を見直すことも大事ですね。

パッチテストをしたうえで、
自分の肌に合った化粧水を納得いくまで探して、
自分の肌に向き合うことが大事だなぁと感じています。



【お勧め記事】

肌トラブルに悩んだら、まずこれ!
日本で唯一の「添加物を一切使わない、本当の無添加化粧水」ウルウ
コスパも良くて、ダメージ肌へのスキンケアに最適です。
↓↓↓
ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクを使った感想と評価

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ