気温の変化で顔が赤くなってしまう・・・改善するには?

335PV

赤ら顔の基礎知識

赤ら顔
夏場はクーラーの効いた部屋から暑い外へ出たとき、
冬は寒い屋外から暖房の効いた部屋に入ったとき、
必要以上に顔が赤くなってしまうことはありませんか?

特に冬場は赤くなるだけでなく、
ほてりを感じる方も少なくありませんよね。

赤い顔を人から指摘されて
恥ずかしい思いをしている方も
多くいるのではないでしょうか。

気温の変化によって赤ら顔の症状が増してしまうのは
肌の角質層の厚みが薄く、
毛細血管が透けて見えてしまうためです。

健康的な肌は毛細血管が拡張しても
透けて見えることはありません。

赤ら顔の方は敏感肌や乾燥肌などの
「肌トラブル」を抱えているために
角質層が充分な厚みを持つことができずにいるのです。

つまり、赤ら顔を改善するためには
肌を健康な状態にしなければ
ならないということです。

赤ら顔の方は肌の赤みをなくそうと考えている方が多いですが、
そうではなく、肌の状態を良くすることを考える必要があるんです。

とはいえ、肌を健康な状態にするのは一筋縄ではいきません。
例えば化粧品を替えただけで良くなるものではありませんし、
極端に言えば、レーザー治療をしても再発してしまうことは少なくないんです。

赤ら顔を改善するために必要なのは、
健康的な規則正しい生活と、
自分に合った化粧品、正しいスキンケアです。

どれを欠かしてもうまくはいきません。

面倒・・・と思うかもしれませんが、
キレイは簡単には作れないんですよ。

理想の自分に近づけるためにも、
ちょっと面倒ですが、
今までの生活を見直してみるのをおすすめします。

まず考えたいのが食生活。
私たちが毎日何気なく食べている食事は、
そのまま私たちの血となり肉となっています。

だから、食事を見直すことは重要なんですよ。

普段、インスタント食品やファストフード、
スナック菓子などを好んで食べてはいませんか?
肉中心の食事や刺激物などは極力避け、
野菜と良質のたんぱく質を積極的に摂取するのをおすすめします。

カフェインやアルコール、
タバコは顔の赤みの原因となるので
できるだけ控えましょう。

胃腸が弱っていると栄養が充分に吸収されず、
肌にも悪影響を与えるので暴飲暴食は避けましょう。

また、眠っている間に肌は再生されます。
質の良い睡眠をとるように生活リズムを改善することも大事です。

さらに、適度な運動も必要です。
顔が赤くほてっているときは、ストレッチなどで少し体を動かすことで
顔の周りに集まった血液を散らしてくれる効果がありますよ。

赤ら顔改善のために、できるところから始めてみましょう。

毎日使う化粧水に関しては
こちらの記事を参考にしてくださいね。

赤ら顔に効く化粧水ランキング

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ