赤ら顔メイクで隠せる? 赤ら顔をカバーするメイク方法とは?

416PV

赤ら顔をカバーするメイク方法

55e8abd64de5b2ce6f781e89a67eac36_s-1
・すっぴんになると顔が赤いのが気になる。
・何もしていないのに顔が赤い。

どうにかして赤ら顔を治したいと思っても、
なかなかすぐには治りまません。

とりあえずはメイクでなんとか誤魔化すしかありませんよね。

でも、赤ら顔にメイクして大丈夫なの?
と心配している方もいるのではないでしょうか。

もちろん、化粧品を塗ると刺激を感じるほど肌が弱っている場合は
メイクをするのはおすすめできませんが、
肌の状態がそれほど悪くないのであればメイクをしても大丈夫です。

すっぴんでマスクという手もありますけれど、
毎日マスクというわけにもいきませんから・・・(苦笑)

メイクで赤ら顔を隠すことで
自分に自信が持てるのであれば
その方が断然いいです!

ストレスが溜まるとよけいに赤ら顔が悪化してしまうこともあるので
上手にメイクを使っていきましょう。

とはいえ、赤ら顔を隠すためにどうしても厚化粧になってしまう
という悩みを抱えている方、珍しくないですよね。

赤ら顔を上手にカバーするメイク方法

本当にメイクで隠せるのかどうか
不安という方もいるでしょう。

でも大丈夫。
コツさえつかめば赤ら顔をうまく隠すことができますよ。

ただ持っている化粧品を塗っているだけでは
肌の赤みを消すことはできません。

赤ら顔の人は緑系の下地を選ぶのが基本です。
赤に緑を重ねると自然な人肌に見えるんですよ。

コツは塗りすぎないこと。
厚塗りは肌に負担がかかりますし、
なにより自然に見えません。

気になる部分はコンシーラーを使うなどして
上手く肌の赤みを誤魔化しましょう。

ただ、緑系だと赤みが消えない、または白くなり過ぎる
という方も中にはいます。

これは肌の色が人により違うためで、
緑系がダメな人はイエロー系を使ってみましょう。

イエロー系の方が自然な肌色に見えるという方も
多くいるんですよ。

また、メーカーによって色合いが変わってくるので、
自分の肌質や肌の色に合ったものを選ぶことが大切です。
いろいろ試してみる必要がありますね。

ただし、メイクで赤みを上手く隠すことはできますが、
それでは根本的な解決にはなりません。

隠すだけでなく、赤ら顔対策をしっかりすることが大事です。
あくまでメイクは一時しのぎです。

でも、赤ら顔はすぐに治すことはできないので、
毎日メイクでカバーしながら赤ら顔対策を続けましょう。

メイクをしたときに注意したいのがクレンジングです。
クレンジングの際に顔をこすりすぎると
赤ら顔を余計に悪化させてしまいますので注意して。

洗顔時にヒリヒリした痛みをともなうようであれば
化粧水を使ってふき取り洗顔に変えてみてくださいね。

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ