赤ら顔で敏感肌、乾燥肌。。。なんとかしたい!

371PV

赤ら顔の基礎知識

2016y05m12d_155946259-1
赤ら顔にはいろいろなタイプがあり、
原因もさまざまですが、
もともと乾燥肌や敏感肌の人は
赤ら顔になりやすいと言えます。

肌が弱い乾燥肌や敏感肌の人は
ちょっとしたことで刺激を感じやすく、
炎症を起こしやすいためです。

肌トラブルを何度となく繰り返しているうちに
赤ら顔が悪化することがあるんです。
思い当たる方も多くいるのではないでしょうか。

自分が乾燥肌である、あるいは敏感肌であるという自覚を持っているのなら、
赤ら顔を治すことよりも、乾燥肌や敏感肌を改善することを
考えることが大事です。

肌の赤みを取るだけでは根本的な解決にはならないので、
再発を繰り返して悪化してしまうケースも少なくないんですよ。

スキンケアはもちろんのこと、
・食生活
・睡眠
・運動
などの生活習慣を見直して、
肌の状態を健康にすることを心がけてください。

近年、赤ら顔対策の化粧品が多く販売されています。
ビタミンKやビタミンC誘導体などの、
赤ら顔に良いと言われている成分が配合されていますが、
安易に購入するのはおすすめできません。

というのも、そのほとんどが
肌の赤みだけを改善することを前提としているためです。
肌を根本的に改善することを目的としているものは案外少ないんです。

なので安易に選んでしまうと、
肌質に合わないこともあり、要注意です。
自分に合った化粧品を選ぶことが一番大事なんですよ。

赤ら顔改善のための近道は?

乾燥肌や敏感肌の方は肌のバリア機能が低下して、
表皮が薄くなっている場合が多いので、
まずは肌の質を高めることを始めるのが
赤ら顔改善のための近道です。

乾燥肌や敏感肌を改善するために、
まずはスキンケアを見直しましょう。
大事なのは保湿です。

洗顔には洗顔フォームではなく、
無添加の固形石鹸がおすすめです。
ゴシゴシ擦らず、泡で優しく洗うのがコツです。

化粧品は保湿力の高い成分を配合しているものがおすすめです。
特におすすめしたいのがセラミドを補えるもの。

セラミドは表皮に存在していますが、
年齢とともに減少していくんです。
しかも、洗顔時などにも流出してしまうんです。

だから、化粧品などで補ってあげることはとても大事なんです。

セラミドを補えば
角質層をしっかりうるおしてくれるので、
肌のバリア機能を高めてくれます。

正しいスキンケアと自分に合った化粧品で
少しずつ肌の調子が良くなっていきます。

でも、赤ら顔対策は
短期間で結果が出るようなものではありません。

肌の調子を見ながら続けていくことが大事です。
生活習慣も見直しながら頑張っていきましょう。

【あなたへのおすすめ記事】
セラミドを補うのに最適な化粧水を
ランキング形式でご紹介。
こちらの記事も是非参考になさってくださいね^^
↓↓↓
赤ら顔に効く化粧水ランキング

ビタミンK配合の化粧水
SKIN&LAB ビタK レッドX トナーの詳細記事はこちら
↓↓↓
SKIN&LAB ビタK レッドX トナーを使用した感想と評価

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ