ニキビを繰り返すと赤ら顔になるって本当?

259PV

赤ら顔の基礎知識

2016y08m26d_051007579

思春期に誰もが悩まされるのがニキビです。

もちろん、大人になってからも
悩まされることは少なくありませんが、
このニキビ、実は何度も繰り返すことで
赤ら顔の原因になることがあるんです。

10代の赤ら顔の悩みで多いのが、
ニキビが原因の赤ら顔です。

もちろん、大人ニキビでもきちんとケアしなければ
赤ら顔の原因になるので要注意ですよ。

なぜニキビが赤ら顔の原因になるのかというと、
ニキビは肌に炎症を起こすためです。

炎症を起こした部分は当然赤みを帯びますが、
さらに、炎症によってニキビの部分だけでなく、
そのまわりまでもが鬱血して赤くなるので、
赤みの範囲が広がってしまいます。

思春期ニキビは一度にたくさんできることも多いので、
顔全体が赤くなってしまい、
赤ら顔と呼ばれる状態になってしまうんです。

とはいえ、通常ニキビが治れば赤ら顔は改善されます。

でも、正しいニキビケアができていなかったり、
何度もニキビを繰り返したりすることで色素沈着してしまい、
赤ら顔がなかなか治らなくなることがあるんです。

ニキビが原因の赤ら顔を改善するには、
色素沈着する前に
すばやくニキビの炎症を抑えることが大切です。

そのためには正しいニキビケアを心がけることが必要になります。

何度もニキビを繰り返している方は、
洗顔方法の見直しやスキンケア化粧品の見直しをしてみてください。

ニキビケアには、
抗炎症成分を配合した洗顔料や化粧水を使うといいですよ。

代表的な抗炎症成分は、
グリチルリチン酸ジカリウムや
ステアリン酸などです。

また、ビタミンにCも抗炎症効果がありますよ。
これらの成分が入っているものを選ぶといいですよ。

洗顔料はできるだけ刺激の少ないものを選んでください。

ニキビの原因になる皮脂をしっかり取り除くために
脱脂力の強いものを選ぶ方もいますが、
皮脂を取り除きすぎると肌が乾燥し、
逆に皮脂の分泌を促してしまうことになるので注意しましょう。

さらに、洗顔時に熱いお湯を使うことも皮脂を必要以上に
取りすぎてしまうため、
洗顔時はぬるま湯を使うのがおすすめです。

ニキビができやすい方は、
肌が乾燥していることも少なくありません。

抗炎症成分の入った化粧水の後は、
うるおいをしっかり補う保湿化粧品も使うといいですよ。

保湿成分にはヒアルロン酸やコラーゲンなどさまざまなありますが、
特におすすめしたい保湿成分は「セラミド」です。

セラミドは角質層をしっかりうるおしてくれる大切な保湿成分。
肌のバリア機能を高めてくれるから、赤ら顔改善におすすめなんですよ。

ニキビを集中ケアするなら
メルラインが良いです。

アクネ菌の殺菌も重要ですが
肌そのものの保湿を行うことで
ニキビの再発予防をしてくれるのが「メルライン」の特徴です。

メルラインの詳細は
こちらからご覧ください。
↓↓↓
MELLINE(メルライン)公式サイト
http://www.real-beautycare.com/melline/

ニキビ専用のジェルでケアしてから
普段使いの化粧水で、さらに保湿を行うのがとても効果があります。

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ