赤ら顔は皮膚科に行けば治せるの?

223PV

赤ら顔の基礎知識

2016y08m26d_053431545

赤ら顔に悩む方の中には
セルフケアに限界を感じて皮膚科行きを
考えている方もいるかと思います。

病院に行けばどうにかなるかもしれない。。。

そう思って皮膚科を受診しても、
思ったような効果が得られなかった
という方は珍しくありません。

受診する側としては深刻な悩みでも、
病院側からは
軽くみられてしまうことが少なくないんです。

例えば、
・皮膚が薄いから仕方がない
・遺伝だから仕方がない
・そんなに気にしなくてもいいのでは
などという言葉で片づけられてしまったり、
原因が分からないために
次から次へと薬う使うはめになったり。

その結果、皮膚科に行っても
・治らなかった
・さらにひどくなった

なんてこともあるんです。

また、病院で行うのはあくまで対処法です。
根本的な解決にはならないので、
一時は良くなっても
またぶりかえってしまったということもあります。

さらに、赤ら顔の治療に処方されるのは、
飲み薬や塗り薬などですが、
これらの薬は副作用の危険性があります。

皮膚科受診を考えている方は、
薬には少なからずリスクがあることを
理解してから受診するのをおすすめします。

もちろん、すべての皮膚科がこうではなく、
良い病院もたくさんありますし、
病院の治療で効果があった方もたくさんいます。

要は皮膚科に行くなら
良い病院を選ぶ必要があるということです。

また、皮膚科に行けば赤ら顔が治るかどうかは、
しっかり病院を選べるかどうか、
そして、自分に合った治療法が見つかるかどうかで変わります。

皮膚科にいっても必ず治るとは言いきれません。
それなら、まずセルフケアを試してみるのがいいかもしれません。

スキンケアの方法を見直し、
洗顔方法や化粧水などを変えてみましょう。
赤ら顔専用の化粧品もあるので試してみてもいいでしょう。

また、スキンケアを見直すことも大切ですが、
生活習慣もぜひ見直してみてください。
特に毎日の食事は重要です。

毎日3食の食事で私たちの体は作られているんです。

だから、体に良いものを選んで食べることが必要なんですよ。
体の中が健康でなければどんなにケアを続けてもうまくいきません。

毎日の食事のポイントは、

・バランスの良い食事
・刺激物はできるだけ控える
・腹八分目を心がける
・動物性脂肪はなるべく控える
・こまめな水分補給
・よく噛んで食べる

この6つです。

これらを意識した食生活を続けてみてください。
もちろん、すぐに効果があらわれるわけではありませんし、
これだけで赤ら顔が改善されるわけではありません。

でも、きちんと続ければ数か月後の肌が確実に変わりますし、
体の調子も変わりますよ。

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ