冬になると赤ら顔がひどくなるのはなぜ?

422PV

赤ら顔の基礎知識

2016y08m26d_153747088
赤ら顔に悩む人が増えるのが、
寒い冬の季節です。

寒い外から暖房の効いた部屋に入ると
顔が真っ赤になって
恥ずかしい思いをした経験がある方も
少なくないですよね。

なぜ冬に赤ら顔に悩む人が増えるのかというと、
気温の急激な変化によって毛細血管が拡張するためで、
これ自体は、肌が健康な状態の人でも起こる普通の現象です。

でも、通常は肌に赤みが出てもすぐに消えますが、
赤ら顔の人はいつまでも赤みが消えなかったり、
出やすかったり、目立ちやすかったりします。

赤ら顔に悩む人は皮膚が薄いことも多く、
そのために赤みが強く出るんです。

また、赤ら顔の方は敏感肌や乾燥肌であることも少なくないので、
冬場の乾燥した空気が肌に影響を与え、赤みが出やすくなるのです。

そのため冬になると、
今まであまり目立たなかった肌の赤みが目立つようになったり、
赤ら顔がさらにひどくなったり、
さらにはほてりまで感じるようになったりと、
赤ら顔の悩みが増えていきます。

そして乾燥している冬の季節は、
健康な肌の方でも肌のかさつきが気になる時期です。
赤ら顔に悩む方は特に、
肌のうるおいに注意することが大事です。

冬に向けてスキンケアの方法や
化粧品の見直しをするのをおすすめします。

化粧品を選ぶ際は、
自分の肌に合ったものを選ぶことはもちろん、
配合されている保湿成分にもこだわって選びましょう。

例えば、代表的な保湿成分に
ヒアルロン酸とセラミドがありますが、
この2つは皮膚の中でも違う場所で働くため、
どちらか1つではなく、両方必要なんです。

また、セラミドにはいくつもの種類があり、
それぞれ働きが違うため、
これも1種類だけでなく数種類配合されている物のほうがおすすめです。

スキンケアでまず注意したいのが洗顔方法です。
肌の乾燥が進むので、刺激の強い洗顔料の使用や
洗う時にゴシゴシ顔をこするのは厳禁です。

タオルで拭くときも、
やさしく肌に当てるようにして水分を拭き取りましょう。

洗顔時のお湯の温度も熱過ぎると肌の乾燥を促します。
少し冷たいと感じる程度の水で洗顔しましょう。

また、洗顔料を使った洗顔は夜のみにして、
朝は水だけの洗顔にすると肌への負担が減りますよ。

洗顔後はすぐに、1秒でも早く保湿ケアをすることが大事です。
水で濡らした肌からは水分がどんどん出ています。

保湿成分がしっかり肌へと行き渡るように
手でプレスすように化粧水をつけると良いですよ。

赤ら顔は血流が悪くなることも原因の1つです。
なるべく体を冷やさないように
寒さ対策をしっかりするのがおすすめです。

赤ら顔に効果のあるおすすめ化粧品をランキング形式でご紹介しています。
こちらの記事を参考にしてくださいね。
↓↓↓
赤ら顔に効く化粧水ランキング

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ