赤ら顔は放っておけば自然に治るものなの?

369PV

赤ら顔の基礎知識

230c299136f0069d53c38ce4a619ab1a_s
なんとなく顔に赤みがあるけれど、
メイクで隠れるし
放っておいても大丈夫かな・・・
なんて思ってはいませんか?

ほとんどの場合、
赤ら顔は放っておいても自然には治りません。
それどころか逆に悪化してしまうことが考えられるので、
肌の赤みに気付いたら、きちんとケアをすることをおすすめします。

とはいっても赤ら顔の原因は
人によって様々あるので、
原因にあった対処法が必要です。

例えば、
ニキビやアトピーなどの場合
肌の炎症が赤ら顔の原因となる場合があります。

この場合は炎症を抑えることが
赤ら顔の改善に繋がります。

また、乾燥肌や敏感肌が原因で
赤ら顔になることもあります。

この場合は肌のバリア機能の低下により
赤ら顔以外にも肌トラブルが多く、厄介です。

改善するには正しいスキンケアで
肌の質を向上させることが必要です。

保湿をしっかりして肌のバリア機能を高めましょう。
乾燥肌や敏感肌が改善されることで
肌の赤みも軽減していきます。

さらに、冷えも赤ら顔の原因のひとつです。

そもそも赤ら顔になるのは、
・毛細血管の拡張
・血流が悪い
・皮膚が薄い
などが関係していて、
血流が悪くなるのは
冷えのせいであることも少なくありません。

女性は冷え症という方も多くいるので、
冷えが原因だったという場合が珍しくないんですよ。

冷えが原因の場合は、
血行を促進させることが必要です。
ウォーキングやストレッチなどの
適度な運動を続けるのをおすすめします。

普段からあまり運動をしない方は
筋力不足で血の巡りが良くないことが多いんです。
毎日少しでも運動して、筋力を上げることは大事です。

また、過度な食事制限のダイエットや、偏食を続けることで
栄養が足りずに血行不良になることもあります。
バランスの良い食事を心がけましょう。

顔の血行を良くするために
蒸しタオルでパックするのもおススメですよ。
さらに、マッサージも有効です。

血行を良くするマッサージは直接顔ではなく、周りから

ただし、顔をぐいぐい触って刺激してしまうと、
赤ら顔が改善するどころか
むしろ悪化させてしまうこともあります。

マッサージは顔ではなく、
肩や鎖骨の周辺・首・頭などに行いましょう。

顔をマッサージしなくても十分に顔の血行は良くなりますよ。

赤ら顔の原因と対処法をあげてきましたが、
原因に関係なく、赤ら顔対策として有効なのが
食生活の改善と正しいスキンケアです。

赤ら顔の原因がよく分からないという場合は、
この2つを試してみるのをおすすめします。

短期間で劇的に改善するわけではありませんが、
少しずつ改善されていいきますよ。

赤ら顔のスキンケアでお勧めの化粧水を
ランキング形式でご紹介しています。
こちらの記事もお読みください。
↓↓↓
赤ら顔に効く化粧水ランキング

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ