赤ら顔をカバーするメイクのコツはコレ!

650PV

赤ら顔をカバーするメイク方法

2016y08m28d_233335727

赤ら顔は人から指摘されることも多く、
深刻に悩んでいる方も少なくありません。

ケアを始めたからといって
すぐに治るものでもないのが
困ったところですよね。

そこでとりあえずメイクで隠そうということになるのですが、
これも困ったことに、うまくいかないことが多いんです(泣)

赤ら顔カバーのメイクって難しいんですよね。

赤みを隠そうとするあまりに不自然な厚化粧になったり、
薄くするとメイクがすぐに落ちてしまったり・・・。

赤ら顔をしっかりカバーしながら、
不自然でないメイクをするにはちょっとしたコツがあるんです。

赤ら顔を上手にカバーするにはファンデーションの色選びが重要

大事なのが下地やファンデーションの色の選び方です。
肌の赤みを消すにはグリーンの下地を使うのが一般的です。
白やピンクの下地を選んでも肌の赤みはカバーできませんよ。
下地の色を間違うと、厚化粧になってしまうので要注意です。

ただし、肌の色は人により様々です。
グリーンだと不自然なほど白くなってしまうという方もいるんです。
その場合はイエローを選ぶといいですよ。

肌の色に合うようにグリーンとイエローの2色を混ぜたり、
ノーカラーの下地と混ぜたりして工夫するのもアリです。

ベースメイクができたら次はファンデーションです。
赤ら顔をカバーするならファンデーションの色はイエロー系がおすすめで、
イエローオークルやベージュオークルなどを選ぶのがいいでしょう。
首の色に合わせて明るさを選びましょう。

でも、ベースメイクでしっかり赤みが消えているのであれば
ファンデーションの色はいつも通りでokです。

赤ら顔カバーのメイクは、
以上をふまえていろいろ試してみてくださいね。

肌の色は人によって違うので、赤ら顔にはこれがいい!と
言えるものは残念ながらありません。
今回紹介した組み合わせではダメだったという方は
ご自身で工夫してみるのをおすすめします。

例えば、
ブルー系の下地は赤みはあまり抑えられませんが
肌に透明感が出るので、イエロー系のファンデーションを合わせることで
肌の赤みが完全に消えなくても自然な血色に見えます。

グリーンやイエローの下地ではしっくりこないという方は
ブルーを一度試してみてください。

また、頬に赤みがあるからチークは必要ないと思うかもしれませんが、
チークを入れた方が自然で上品なメイクになりますよ。

ただし、チークをしっかり入れてしまうと厚化粧に見えてしまうので
うっすら入れるのがコツです。

チークの色は、あえて自分の赤みと同じような色を選ぶか、
オレンジ系を使うのがおすすめです。
お好みで選んでくださいね。

画像出典:http://www.ci-labo.com/item/makeup/multifoundation/article/00000015/

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ