私のアトピー克服体験~アトピーはステロイドでは完治できない?!かゆみを伴うアトピーの患部には保湿が重要~(30代・宮城県)

232PV

投稿~赤ら顔克服法~みんなの体験談

かゆみを伴うアトピーには保湿

私は小学生の頃からアトピーの症状と付き合っています。

最初はふくらはぎ・太ももに湿疹が出て、
それがお尻、お腹、腕・・と、
段々と上半身に向けて上がっていき、
近年は首や顔の一部に症状が出るようになりました。

症状がひどくなるたびに市販薬や処方薬でかゆみを抑える日々。
でも、次第に薬も効かなくなってきます。

よく知られている話ですが、
ステロイドは一時の効果はあるのですが、
連用すると皮膚が薄くなり、皮膚が薄くなれば刺激にも弱くなり、
結果改善されませんでした。

私は、痒さもそうですが
外見のコンプレックスが強いです。
アトピーで赤くジュクジュクした肌を見られるのが嫌で、
その部分を隠すように夏でも長袖で過ごしますし、
そんな風に過ごしていると何事にも消極的になってしまいます。

ある時期から、薬に頼っても良いことはないと感じ、
自分なりに改善策を調べ、実践してきました。

その中でも現状効果が感じられるのは次に挙げるものです。

●洗顔は洗顔用のフォームを使う
 添加物の入っていない純石鹸は肌に負担をかけないと言われてますが、
反面洗浄力が強く、肌に必要な水分や油分まで洗ってしまうので、
乾燥しやすくなりアトピーが悪化する原因になっていました。

多少の添加物が入っていても、
保湿成分が含まれている洗顔料の方が
私の肌には優しかったです。

●夏こそ保湿する
夏は湿気が多く汗をかきやすい季節なので、
保湿いらずなイメージもありますが、
実は夏こそ注意が必要です。

というのも、アトピー部分は他の部分よりも
乾燥しやすい傾向にあります。

他の部分が正常に汗をかいているのに、
アトピー部分は乾燥気味。

そうなると、乾燥部分から滲出液が出て
保湿しようと働くのです。
これがジュクジュクの原因と言われています。

人体的には正常な反応ですが、
やっぱり見た目的にはいいものではありませんよね。

これを防ぐためには、乾燥しやすい部分を保湿することです。

私は白色ワセリンを使っています。
安価で手に入りやすく、副作用もほとんどありません。
塗りすぎると水分過多で逆にかゆくなってしまうので、
薄く塗り伸ばすのがおススメです。

また、夏の紫外線を浴びると肌の状態が悪化することが多いので、
症状のひどい部分を隠すよう長袖メインのコーディネートを考えています。

以上、私が効果を感じられた方法を紹介しました。





【おすすめ記事】
毎日使いたいお肌にやさしい無添加化粧水のランキング

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ