炭水化物でアレルギー?!更年期に差し掛かり、肌の乾燥がひどくなった私の対処法は・・・(60代・埼玉県)

363PV

投稿~赤ら顔克服法~みんなの体験談

2016y10m04d_155025156

今でこそあまり乾燥肌とは言えない状態になっていますが、
30代の後半あたり所謂お肌の曲がり角を過ぎた頃に、
乾燥肌と少々の敏感肌に悩まされました。

それまでトラブルを起こしたことが無かったので、
ちょっとパニックになってしまったのも事実です。

顔のお手入れも正直なところかなり適当で、
普通の石鹸に洗って特にその後のケアもしていなかった
傲慢さのつけが回ってきたのでしょうか、
慌てて刺激の少ないだろうベビーオイルを洗顔後に塗るようにしました。

これでその時はそこそこ治まったのです、
慌てたと言っても自分のそれまでの状態から見て、
怖くなっただけでしたので。

その頃はすっぴんで平気で出歩いていたのですが、
それ以後肌を守るためにも軽くファンデーションなど使うようにしました。

そのおかげか、その後は乾燥も冬季の乾燥期以外は
気にならなくなったのですが、
更年期に入った頃から再発してしまったのです。

更年期でホルモンバランスが崩れたのと、
仕事や介護のストレスも重なって過労気味だったのも原因でしょうが、
それまで使っていたベビーオイルを塗れば塗るほど
肌が荒れるような気がしてきたのです。

実際に、頬のあたりの乾燥がひどくなってきて、
風呂上りにしっかりとオイルを塗ったのに数分で、
白くカサカサになってしまうと言う悲しいことになりました。

これは更年期も手伝って、
敏感肌になってしまったかもしれないと気が付いて、
ベビーオイルをいったん止めて無添加の化粧水を探すことにしました。

ベースメイクも、それまで使っていた化粧品が怖くなったので、
こちらも取りやめて紫外線などはサンバイザーとかサングラスで対処しました。

結果、無添加無香料の化粧水とこれも無添加無香料のクリームが効いてくれたのか、
肌のひどい乾燥は段々改善されてきました。

でも無添加の化粧水とクリームだけでは、
冬の乾燥期は乗り切れないと感じましたので、
オリーブオイルを加えてみました。

オリーブオイルなら食べ物ですし、
食べられるものなら肌にも差し障りが無いだろうと思ったからです。

加えて少々食品のアレルギーも感じましたので、
特に炭水化物にアレルギーを起こしていると言われたことから、
パンやお米の摂取を減らしたのです。

これが身体内部のクリーンアップになったのか、
1週間くらいで肌の調子も髪の毛の調子も良くなったのです。

どうやら更年期で食物アレルギーも出ていたのに気づかずに、
それまでと同じ食生活をしていたことも、
敏感肌の原因になっていたようでした。

食事の改善と、肌につけるものの選別で、
ありがたいことにひどい乾燥肌や敏感肌からは脱却できました。

今では食物アレルギーはそこそこ脱出できましたが、
調子の悪い時には思い出して炭水化物を減らすようにしています。

身体内部からの改造が、一番効いたと思っています。




【おすすめ記事】
無添加と保湿が重要な毎日のスキンケアに!
赤ら顔に効く化粧水ランキング

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ