肌トラブルと腸内環境について

260PV

赤ら顔の基礎知識

2016y10m29d_075603150

肌トラブルに悩まされる方の中には、
同時にお腹の調子も良くない
という方も少なくありません。

胃腸の調子を整えたら
肌トラブルが治まったという方も
珍しくないんですよ。

偏った食事を続けていたり、
暴飲暴食を繰り返したりていると
肌の調子が悪くなるのは、
体の健康が肌に影響を与えているためです。

女性は便秘に悩んでいる方が多いですよね。
便秘は大人ニキビなどの肌トラブルの最大の原因です。

だから肌トラブルに悩むときは外側からのケアだけでなく、
体の中もケアすることが重要なんですよ。

余分な物が体の中に溜まっている
というのが便秘の状態です。
こんな状態では肌トラブルが起こるのも仕方ありませんよね。

じゃあ、とりあえず薬でも飲んで出しちゃえばいい
と、思う方もいるかもしれませんが、
出ればいいというものではありません。

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて、
良い便を出すことが大事なんです。

でも、ファーストフードや肉中心の食事や
不規則な生活習慣などによって
現代人の腸内細菌のバランスは崩れがちです。

悪玉菌が多くなると腸の動きが鈍くなり、
便秘を引き起こしてしまいます。

便秘になり、いつまでも便が体に残っていると
便の腐敗や発酵が進み、
有害物質やガスが発生するんですよ。

そして、この有害物質は腸壁から吸収され、
血液に乗り全身を巡るんです。

それが肌から排出されることになるために
肌の調子が悪くなるんです。
想像すると恐ろしいですね。

だから、どんなに外側からケアしていても、
体の中をケアしなければ意味がないんですよ。

善玉菌を増やすために必要なのが乳酸菌です。

じゃあ、毎日ヨーグルトを食べよう!
と思ったかもしれませんが、
残念ながら、ヨーグルトを毎日食べているだけでは
腸内環境を改善することは難しいかもしれません。

というのも、乳酸菌は種類によって働く部位が違い、
ヨーグルトを食べるだけでは腸全体をケアしにくいのです。

ヨーグルトだけでなく、チーズや発酵食品を積極的に摂取したり、
サプリメントを取り入れるのがおすすめですよ。

ただし、人によって合うものはそれぞれです。
自分に合った乳酸菌を見つけることも大事なのです。

また、乳酸菌の摂取と併せて
今腸内にある善玉菌を増やすために、
善玉菌の栄養となる食物繊維や
オリゴ糖を摂るのもおすすめですよ。

偏った食事だけでなく、
不規則な生活も悪玉菌を増やす原因です。

食事だけでなく生活習慣を見直すのも大事です。
良質な睡眠、適度な運動を心がける事をおすすめします。

腸内環境を整えることは、
根本的な肌の改善に繋がります。
すぐに効果が出る方法ではありませんが、
生活習慣を見直しすことをおすすめします。

【おすすめ記事】
赤ら顔、酒さの治療剤として特許を取得した乳酸菌
FK-23菌抽出物(LFK)をたっぷり配合したカルグルトがお勧めな理由は?
↓↓↓
カルグルトを実際に飲んでみた感想と評価

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ