敏感肌、乾燥肌で肌荒れがひどい!どんな対策が有効なの?

225PV

赤ら顔の基礎知識

2016y10m29d_080336827

敏感肌・乾燥肌で、肌の赤み、かゆみ、大人ニキビ、
毛穴の目立ちが気になる・・・。
このような肌トラブルは本当に辛いですよね。

赤みやかゆみが特に気になるのなら、
肌が薄いことが原因かもしれません。

肌が薄いことで外からの刺激を直接肌に受けてしまうのです。

皮膚には外からの刺激を防いでくれる肌のバリア機能があり、
表皮の一番上にある角質層はセラミドなどの細胞間脂質によって
たっぷりの水分が保持されていて、
それにより外部からのさまざまな刺激をブロックしています。

しかし、何らかの原因により角質層の水分が蒸発し、
セラミドが減少して肌の乾燥が進みます。

敏感肌や乾燥肌の方は肌のバリア機能が壊れ、
皮膚の表面にある角質層が劣化している状態なんです。

原因として考えられるのが、間違ったスキンケアや加齢です。

例えば、洗顔をしすぎたり、洗顔の仕方が間違っていたり、
ピーリングをしすぎたりすることなどで肌は少しずつ薄くなっていくんです。

肌が薄くなってしまうと、
毛細血管が透けて見えるために赤みが気になるようになります。

さらに、ニキビかゆみなど、肌荒れの症状がひどくなるんです。

肌が薄い方のケアで最も重要なのが、
肌をしっかりと保湿してあげることです。

まずはスキンケア化粧品を見直すことが大事です。

化粧品は低刺激で保湿力の高い成分が配合されているもの、
特に、ヒアルロン酸やコラーゲン、
セラミドなどが配合されているものがおすすめです。

加齢により肌の保湿成分はどんどん減少していくので、
それを補うためにも保湿力の高い保湿成分が必要なんです。

洗顔料は刺激の少ない無添加の固形石鹸がおすすめです。
洗浄力の強すぎる洗顔料では
肌のバリア機能のひとつでもある皮脂を取りすぎてしまいます。
汚れや余計な皮脂は落として
必要な皮脂は残してくれる固形石鹸が1番なんですよ。

洗顔料の中には、
うるおい成分が配合されているものも少なくありませんが、
できるだけ余分な成分は含まないものが本当はいいんですよ。

化粧品や洗顔料は、自分の肌に合うものをお試し品などを上手に利用しながら選びましょう。
肌に合わなければ何の意味もありませんから、
口コミや配合されている成分だけで判断するのではなく、
実際に試してしっかりと選ぶことが大事です。

洗顔利用にしても化粧水にしても、
例え友人には合っていても自分に合うとは限りません
効果を実感できるものをじっくり探しましょう。

ただし、効果がすぐに出るわけではないので、
効果が出ないからとすぐに取り換えてしまうのはおすすめできません。
肌に合わない場合を除き、まずは根気よく続けることが必要です。

【おすすめ記事】
セラミドを補い、肌の内側から保湿する「浸透保湿」がスゴイ!
↓↓↓
ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクを使った感想と評価

特集コラム~ウルウシェイクモイストミルク開発者の山根加奈代さん特別取材~ウルウの魅力、山根さんご自身の想いを伺いました♪

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ