敏感肌・乾燥肌の正しい洗顔方法とは?

239PV

赤ら顔の基礎知識

2016y10m29d_101531393

敏感肌や乾燥肌のケアに悩んでいませんか?
ちょっとした刺激にも過敏に反応して肌に赤みが出たり、ヒリヒリしたり、
かゆみやカサカサ・・・本当に辛いですよね。

実は敏感肌や乾燥肌で悩んでいる方は、
洗顔方法に問題があることが少なくないんです。

肌トラブルのない健康な肌を目指して
正しい洗顔方法をマスターしましょう。

【洗顔のポイント】

・水温は人肌より少し低いくらい(熱過ぎても冷たすぎてもダメ)
・ゴシゴシ擦らない(洗顔時も拭き取り時も)
・洗顔料は良く泡立てる
・洗いすぎない

これらのポイントをふまえた上で洗顔することが大事です。

【夜の洗顔~クレンジング編】

女性はメイクをしていることが多いので、
まずはクレンジングでメイクを落とします。

クレンジングの選び方ですが、
敏感肌や乾燥肌方はオイルタイブのクレンジングは
目や口のポイントメイクを落とす場合のみ使用しましょう。
オイルが肌に残り、その後の化粧水の浸透を妨げてしまうので、
肌が乾燥しやすくなってしまうためです。

また、肌への刺激は極力少なくすることが大事なので、
肌を擦る拭き取りタイプのクレンジングはおすすめできません。

おすすめは、洗い流せるクリームタイプやミルクタイプ、
ジェルタイプのクレンジングです。

クレンジングを選ぶ際に気をつけたいのが、
肌への刺激を心配するあまり、洗浄力の弱いタイプを選ぶことです。

もちろん、洗浄力の強すぎるものはおすすめできませんが、
なさすぎるとメイクが肌に残ったままになり、
かえって肌に負担をかけてしまいます。

クレンジングを選ぶ時は、
自分のメイクの濃さに合ったクレンジングを選ぶことが必要ですよ。

【夜の洗顔】

洗顔はお風呂に入ったときにするのがおすすめです。
毛穴が開いて汚れが落ちやすくなりますよ。

洗顔料は良く泡立ててきめ細かい泡にすることが大事。
ゴシゴシこするのではなく、泡で顔を包み込むようにして洗います。
このとき肌に触れるのは泡だけです。
指が直に肌に触れることがないようにましょう。

すすぎのお湯は人肌より少し低い温度がベストです。
洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎます。
すすぎ残しは肌トラブルの元なので注意しましょう。

また、お風呂での洗顔時にやってしまいがちなのが、
シャワーを直接顔に当ててすすいでしまうこと。

しっかりシャワーだとカンタンにしっかりすすぐことはできますが、
肌に余計な刺激を与えるのでNGです。

泡が残らないようにお湯を手ですくってすすいだら、
タオルで優しく拭き取ります。

拭き取り時もゴシゴシこすってはいけませんよ!
抑えるようにして拭き取るのが正解です。

その後、速やかに保湿することを忘れずに!





【おすすめ記事】

お肌のコンディションが悪い時は
ふき取り洗顔を試してみて!
↓↓↓
ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクを使った感想と評価

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ