セラミドって何?~保湿で最も重要と言われるセラミドとは?

254PV

赤ら顔の基礎知識

2016y10m29d_110050938

スキンケアで一番重要なのが肌の保湿です。
特に肌トラブルを抱えた肌にとって保湿はとても重要ですよね。

保湿成分はいろいろありますが、
中でもセラミドは大事だといわれています。

セラミドは化粧水や美容液などに配合されていますが、
そもそも本来、角質層の中に存在している成分です。

セラミドは細胞間脂質のひとつで、水分を蓄える作用があり、
肌をうるおすことで細胞の間を隙間なく埋めて
肌を外からの刺激から守るという働きをしています。
つまり、肌のバリア機能に重要な成分がセラミドなんです。

また、セラミドと一口に言っても、
実は肌に存在しているセラミドにはいくつもの種類があり、
それぞれいろいろな機能を持っています。

たとえばセラミド1は水分を保持するほか、
肌のバリア機能に関わっています。
セラミド2は人の肌に最も多く含まれているセラミドで、
水分を保持する力が強いのが特徴です。
セラミド3は水分を保持してシワに働きますが、
加齢により減少するという特徴を持ちます。

このほかにもセラミドは様々な種類があり、
それらの種類全てが肌の保湿になくてはならない成分です。

しかし、セラミドは加齢によって減少し、
さらに日々の洗顔などで少しずつ失われていきます。

そしてセラミドが減少することで肌のバリア機能が低下し、
敏感肌や乾燥肌などを招いてしまうのです。
そのため、セラミド配合の化粧水などで失ったセラミドを補う必要があるんですよ。

セラミド配合の化粧品は多く販売されていますが、
化粧品に配合されているセラミドにはいくつかの種類があり、
それにより保湿効果に違いがあります。

それらの種類の中でも、
実際に使って効果が期待できると言われているのがヒト型セラミドです。

ヒト型セラミドとは、そもそも皮膚に存在しているセラミドと
ほぼ同じ構造を持つセラミドで、
そのために肌へのなじみが良く、保湿力・浸透力が高いという特徴があります。

なので、セラミド配合化粧品を選ぶなら
保湿力の高いヒト型セラミドが配合されているものがおすすめです。

また、ヒト型セラミドが配合されていても、
メーカーによって配合されているセラミドの種類は様々です。
選ぶときはどの種類が何種類配合されているかを確認するといいでしょう。
肌に最も多く含まれているセラミド2は必要不可欠ですね。

セラミド配合化粧品を使う際には
しっかり肌に浸透させるように使うことが大事です。
ハンドプレスでしっかりと肌になじまることで最大限の保湿効果を得られますよ。

敏感肌や乾燥肌など、肌トラブルに悩んでいる方は、
セラミド配合の化粧品を試してみてはいかがでしょうか。




【おすすめ記事】

ヒト型セラミドをたっぷり配合。
ウルウの保湿がスゴイ!
↓↓↓
ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクを使った感想と評価

特集コラム~ウルウシェイクモイストミルク開発者の山根加奈代さん特別取材~ウルウの魅力、山根さんご自身の想いを伺いました♪

スポンサードリンク(広告)

ページの先頭へ